logo
Home

秦 の 始皇帝 キングダム

秦の始皇帝は、中華全土を初めて統一した人物です。男女問わず、幅広い年齢層の読者を獲得している原泰久の漫画「キングダム」は、始皇帝が誕生する前、春秋戦国時代が舞台。秦国の戦災孤児で、下僕という最下層の身分から、天下の大将軍を目指す少年、信を中心に物語が進んでいきます。 信の友人であり、秦の若き王となる政は、後に秦の始皇帝となる人物。漫画では、通称「政」ですが、正式な名前は、嬴政(えいせい)です。「キングダム」の大まかな流れは、「史記」などを参考に作成されており、おおよそ史実に忠実に作られています。 実際の始皇帝も、姓は嬴(えい)、氏は趙(ちょう)、諱は政(せい)。性はいわゆる名字、諱は名前となり、氏は家系を表す名称です。ですから、簡単にいえば、「趙という家系から出ている嬴政」という意味。氏で呼ぶことも多いですが、「キングダム」の政と始皇帝は、史実通り同じ名前となります。. 言うてたら今末キングダムやるんやね! あんなに凛々雄々しいエイセイですが始皇帝のイメージは冷淡非道の不老不死. 始皇帝、または秦始皇と称される。 前247年、13歳で秦王となる。 当時 秦 は、渭水盆地を支配する諸侯にすぎなかったが、灌漑事業(鄭国渠の開通など)を推進して国力を充実させていた。. See full list on 秦 の 始皇帝 キングダム anincline. 漫画「キングダム」が実写映画化されましたね。 キングダムは実際の中華の国「秦」をモデルにしていることで有名ですが、史実での秦の始皇帝はどんな性格だったのだろう?キングダムの政のような人物だったのかな?こんな疑問をみなさんお持ちなんじゃないで.

始皇帝中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎 (集英社新書) 著者 渡邉義浩 (著者) 膨大な人口の広大なエリアを、中国の歴代皇帝はなぜ統一することができたのか。答えは秦が採用した「法家」の思想と統治のノウハウにある。. . 始皇帝により「天下統一」が果たされた「紀元前221年」から、「黄巾の乱」が起こった「西暦184年」までの、「405年間」に何があったかというと、大陸では戦乱と平和が繰り返されていました。 「秦」→「前漢」→「新」→「後漢」→「三国時代」→「晋」 という順番に、統一国家が変わっているのです。. 中国の歴史上で考古学的に確認されている最も古い王朝が『殷(いん)』です。(文献では『夏(か)』を滅ぼしたとされていますが、証明はされていません) 紀元前17世紀頃に成立し600年にわたって統治を行いますが、最後の王である帝辛が寵愛した妲己(だっき)という悪女によって国が荒れ、滅亡してしまいます。この時代を描いた小説が『封神演義』です。 その後『周(しゅう)』という国が成立しますが、紀元前7世紀になると周王朝は東西に分かれて分裂。周王朝の威光は失われ、次の覇権を狙う諸侯が乱立する時代=“春秋・戦国時代”へと突入していきます。. See full list on history-knowledge. キングダムの主人公「信」こと「李信」将軍の子孫からは、数々の有名人が誕生。皇帝まで輩出しています。 信の息子「李超」は、劉邦が建てた国「前漢」で、大将軍となっています。 その「信」の末裔で、前漢の最盛期「武帝・劉徹(りゅうてつ)」に仕えたのが、飛将軍と呼ばれた名将「李広」です。 李広は ということわざを残した人です。このことわざを名前にした「松坂桃李」さんという俳優さんがいますね。 「李広」は、後にモンゴルの騎馬民族との戦いが原因で憤死することとなる悲劇の武将です。 更にその「李広」の末裔が、「五胡十六国時代」に「西涼」という国を建国した王「李コウ」 そのまた末裔が、「遣唐使」で有名な国「唐」を建国した初代皇帝「李淵」。 李淵のあとを継いだ二代皇帝「李世民」は、「中国史上最高の名君」と呼ばれた人物です。 この「李園」と「李世民」という二人は、間接的に日本とも関わりがあります。 「聖徳太子」が「遣隋使」として送った使者「小野妹子」に怒った皇帝「煬帝(ようだい)」の支配する国「隋(ずい)」を、「李淵」と「李世民」は倒しているのです。 李淵と煬帝は、「いとこ」同士という間柄。 煬帝の母親が、李淵の「叔母(おば)」にあたる人物なのです。. 始皇帝は秦王となりすぐに自身の陵墓の建設を始めました。 生前から墓を造ることは、珍しいことではなかったのです。 皇帝に即位してからは、始皇帝は70万人とも言われる労働力を投入し、いまだかつてない規模の墓の建設に情熱を燃やしました。.

中国大陸を制圧したから、はいお終い!!というのはゲームの中だけの話です。 実際はそこから外国との交渉や内務の政治といった地味な実務が山のように待っています。 それに、当時は今のように地球儀や世界地図があったわけではないので世界というのがどれだけの物なのかを正確にわかっている人なんで誰もいません。 皇帝とは実態のない「天」から任命された「天子」という側面もあったので、自分に逆らう者が1人としていてはならない祭祀上の孤独な人格も備えざるを得ませんでした。 始皇帝が皇帝となって最も力を注いだこと、それは政治ではなく不老不死への探求でした。 これまで一体歴史上の何人もの人物が不老不死を望んで死んでいったことでしょうか? 始皇帝は天下統一から間もなく、その威信を全国へと知らしめるために天下巡行を計5回行いました。 それは天下の民に自分を知らしめるたけでなく、まだ自分が見たことのない他国の世界を見て不老不死になる方法を探求するためでした。 彼は天下巡行中も政治を決して他人に任せることはなく、自分で毎日決めた量の裁決書を自筆で処理していました。 臣下には不老不死の薬を探させ、それでいつまでも結果を出せない人間は一斉に生き埋めにしてしまいました。 他には思想弾圧のために彼が愛した法律以外の本を全て焼き払いました。 これが世にいう焚書坑儒です。 物語ではよく儒家だけが葬られたと言われますが、実際は不老不死にかこつけて一儲けしてやろうという道士崩れであったり不老不死の解釈を巡って対立ばかり続けていた役に立たない学者だったりと、単なる思想弾圧よりも祭祀儀礼上の問題もあったようです。 祭祀儀礼が重きを成す中華帝国において、皇帝もまた政治家であり学者であり軍人でしたから。 さて、認めたくはないけど自分の寿命が近いことを知っていた始皇帝は、その不安から秦帝国を崩壊させるきっかけとなりうる全ての要員を排除しようと思いました。 それが、異民族への遠征です。 北は匈奴、南は越南と攻撃を仕掛け続け、天下統一後も決して戦争の手を緩めようとはしませんでした。 後の時代と違い、この頃の中国には異民族との混血など考えもつかないことなので、敵は賊滅するまで戦い続けるのは当然の事でした。 当然戦にも祭祀儀礼にも金がかかるので、その出費は勿論民からの税で賄われました。 結果として、秦帝国は始皇帝は5回目の巡行. キングダム, ネタバレ, 史実, 始皇帝; キングダム 史実 始皇帝 始皇帝(紀元前259年-紀元前210年)は、中国の初めての皇帝。 秦王(在位紀元前246年-紀元前221年)。 姓は嬴(えい)、氏は趙(ちょう)、諱は政(せい)。 中国では、秦始皇帝、または秦始皇と呼ばれている。. キングダムで秦の始皇帝、嬴政(エイセイ)の名が、若い人々にも知られる様になりました。 本場中国での始皇帝のイメージは、豺狼(さいろう)の声をして、無慈悲で恐. 漫画や企画展示は、実在の人物である始皇帝の思考に触れる一助になるはずです。. 秦の始皇帝が埋葬されたのは、始皇帝陵です。中国では、死者を埋葬する際に、死後の魂が生活するために使用するとされる俑を副葬します。中でも、兵士や馬をかたどったものが兵馬俑です。始皇帝の兵馬俑としては、それぞれ顔が違う約8000体もの俑が出土しており、文人や芸人の形のものも出土。始皇帝の暮らしをそのまま来世に持っていこうとしたものではないか、と考えられています。 そんな始皇帝の大兵馬俑を詳しく知ることができる企画展「始皇帝と大兵馬俑」が、年10月27日から年2月21日まで開催されていた東京国立博物館での展示を皮切りに、年3月15日から6月12日までは福岡県の九州国立博物館で、そして年7月5日から10月2日までは、大阪府国立国際美術館で開催されています。企画展の目玉は、なんといっても等身大の兵馬俑を再現した人形展示でしょう。 その他にも、出土品を解説することにより、秦がどのような国だったのか、始皇帝の事業や、生活の様子を解説するなど、大帝国の知られざる謎を探るような内容となっています。東京開催時には、秦の始皇帝が広く注目されるきっかけともなった漫画「キングダム」に絡めての公演が開催されるなど、入場待ちの列も出来た人気企画展。展示機会としては、現在開催中の大阪府国立国際美術館が最後となりますが、秦国の物語は、企画展や「キングダム」にとどまりません。 KADOKAWAから出版された池野雅博「レッドドラゴン」は、秦が統一された後、滅亡の事件にかかわっていくことになる劉邦と盧綰が主人公です。少年時代から始まる物語は、派手なアクションと新解釈で読ませる作品になっています。始まりを描く物語から、滅亡を描く物語へ。死後も注目される秦の始皇帝は、実在の人物です。年をどんなに重ねても、その偉業が色褪せることはありません。何を考え、生きていたのか. 始皇帝(しこうてい、紀元前259年2月18日 - 紀元前210年9月10日 )は、中国の初代皇帝(在位:紀元前221年 - 紀元前210年) 。 元古代中国の戦国時代の秦の第31代君主(在位:紀元前247年 - 紀元前210年)。. そいや、三国志で饅頭のエピソード知ってます? 川が氾濫した際に40数人首を刎ね.

始皇帝、嬴政の生涯をご紹介いたします。再編集しました! チャンネル登録はこちら! 兵馬俑で有名な秦始皇帝陵の建設をしたのは始皇帝の母でした。 始皇帝の母は、趙姫(ちょうき)と呼ばれる女性です。彼女はもともと娼婦や踊り子だったといわれており、大商人である呂不韋(りょふい)の妾でした。その後、息子である政(せい=始皇. 漫画「キングダム」では、後の始皇帝「秦王・贏政(えいせい)」と、後の大将軍・李信こと「信」は、互いに呼び捨てで呼び合う親友として描かれています。 結論から言うと、李信と始皇帝は親友ではありません。 なぜなら当時、王と臣下が対等に話せるなんてありえないことだから・・・。 実際には「秦王に謁見」することすらも、数回しかなかったのではないでしょうか。 親友である可能性は、かなり低いと思います。 しかも始皇帝は、後の世に「虎狼のような性格」と称されるほど、残忍な性格だったと言われています。 歴史書の記載すべてが真実かどうかは定かではありませんが、「焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)」「趙国での虐殺」などを見れば、始皇帝が残酷な人間であることが、よくわかります。 そんな人が、家来による「タメ口」を許すのか・・・かなり考えにくい気がします。 秦 の 始皇帝 キングダム とはいえ、二人が親友である可能性は相当低いですが、「始皇帝」が「李信」を相当に信頼していたことだけは確かです。 キングダムで「首切り桓騎」と呼ばれている桓騎将軍の末路と比べると、李信がどれほど信頼されていたかがよくわかります。. 始皇帝=嬴政(えいせい)はなぜ不老不死の“霊薬”を求め、「秦」が短命に終わったのか! その上で、孔子の説く「儒家の思想」をさらにアップデートさせて、“孟子”は“下克上を奨励. .

実は李信将軍、始皇帝の数少ない友人を討ち取っているのです。 始皇帝を暗殺しようとした暗殺者「荊軻」。 その荊軻を放った黒幕・燕の太子「丹(たん)」を討ち取ったのが李信将軍です。 (「太子」とは、王位継承順位第1位の王子様。つまり次の王様) この太子「丹」は、始皇帝が幼い頃「趙国」に人質となっていた際に「幼馴染」として一緒に育った仲。 同じ人質という、明日をも知れぬ身であることから、二人は親友だったと言われています。 丹は燕の太子となった後「贏政」と、燕の使節として対面しましたが、非常に冷たくあしらわれたことで衝撃を受けました。 秦王贏政の性格や特徴・・・そして燕と秦の関係・・・燕・秦の間に位置していた「趙国」が既に滅びていたことから、危機感を抱いた太子・丹は秦王贏政の暗殺を企てています。 しかし、暗殺者・荊軻は暗殺に失敗・・・。 激怒した始皇帝は、燕国に侵攻し、燕の首都を陥落させました。 李信将軍は1000人の騎兵で、太子「丹」を執念の追跡。 遼東半島へ逃亡した燕王は、李信の追跡に恐怖し、太子丹を殺害し、首を李信へ引き渡しています。 つまり、始皇帝の友人だった「丹」を死に至らしめたのは李信将軍・・・。 もっとも・・・始皇帝の親友を殺害したこの功績は、始皇帝をかなり喜ばせたと言われていますけどね。. See full list on pleasure-bit. See full list on rekishiru. 【キングダム】始皇帝に皇后がいない? その理由について考えてみた 長い間、歴史に偉大な足跡を残した暴君として、良くも悪くも話題になった中国史上、最初の皇帝、秦の始皇帝。. いかがでしたでしょうか? 始皇帝1人のために、多くの学者や作家が長い歳月をかけて研究を続けてきました。 それは彼の行いが正しいか間違っているかは別として先人の遺産が現代の我々にどれだけの恩恵を与え続けてきているか、という壮大な人の営みを我々は本能的に知りたいという知的好奇心を持ち続けているからに違いありません。 今あなたがこうしている時間にも、決して少なくない人の営みが詰まっているのです。 それは道具であったり文明であったり、はたまた命であったり、我々はその事を絶対に忘れてはいけません。 始皇帝は長い歴史の中で、常に悪者として扱われてきました。 秦 の 始皇帝 キングダム しかし、彼無くしてはその後の時代は全く違うものとなっていたに違いありません。 だからこそ、後世の皇帝達も始皇帝の歴史を学びそれを実際の治世に活かしてきたのです。 『キングダム』の始皇帝は未だ若年ですが、彼が物語ではどのように変化していくのか、それもまた見どころの1つですね。 【関連記事】 キングダムの王騎は実在した?モデルの人物は本当に最強だった? 【関連記事】 キングダムの信は実在する人物?モデルになった李信について解説!. 1974年(昭和49年)、陝西省のある村から水を汲むために井戸を掘ろうとしました。 すると、何かが鍬にあたった音がして最初は「どうせ壺か何かだろう。」と構わず掘り続けると、それは等身大の人形でした。 最初は村人達もその価値がわからず現地の博物館も現地の保護を命じただけで大して何もしませんでしたが、ある時に偶然通りかかった報道記者がそれが秦代の物であると見抜くと、早速共産党の内部組織に連絡しました。 すると瞬く間に国家文物局が保護を命じ、考古隊が派遣される大事になってしまったのです。 結果、それは『史記』に記された始皇帝の墓であることが判明し、当時一大ニュースとなったのです。 これまで発掘されているのはあくまでその全体の2割程度に過ぎず、現在も調査団によって日々発掘が行われています。 兵馬俑の何がすごいのかというと、何百何千と彫られた彫刻の石像は皆1人ずつ顔が異なり、馬と言いそれが全て等身大で描かれていることです。 兵士の顔の形を見ると、それぞれにその人物がどこの出身であったのか等がすぐにわかります。 兵馬俑は皇帝の馬車を囲むように作られた兵団の形をとっていますが、この隊列や兵の鎧、武器などでどのように軍組織が成り立っていたかが読み取れるというのです。 さらに、この中には武装した兵士だけでなく、音楽隊や文官、書生、儀礼官、さらには力士隊までもが一堂に会しており、始皇帝の軍がどのような様相であったのかを垣間見ることができるのです。 ここから、死後も生前の繁栄をそのまま持っていきたいという始皇帝の遺志を強く感じ取ることができるのです。 ちなみに、始皇帝本人の棺は未だ見つかっていませんが、いつの日か必ず始皇帝本人と会うこともできるでしょう。.

、春秋・戦国時代の末期。紀元前221年、始皇帝によって中国は統一され「秦」となるが、始皇帝の没後、秦は劉邦・項羽ら. 長宗我部家の系図をみると、秦の始皇帝の次に記されているのが孝武王です。「五世或十世 世数未詳」との添え書きがあり、始皇帝と孝武王との間には五人から十人の後継者がいたと思われます。その孝武王のあとに書かれているのが功満王。. 「キングダム」では民に優しい王として描かれているが、果たしてそうなのか。 その実像に迫ったのが、大川隆法・幸福の科学総裁の著書『秦の始皇帝の霊言』だ。霊言とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろすこと。. 始皇帝陵・兵馬俑の考察です。長くなります。いつもの通り妄想が激しいので、ご了承ください(ちゃんと通説も勉強しております)。 晩年には70万人以上が動員されたという始皇帝陵ですが、着工は紀元前246年。この年に嬴政が秦王として即位したので、なんと即位してすぐ着工が始まったと. 人気漫画「キングダム」と、人気歴史小説「三国志」 この2つの作品には、数々の類似性がありますが、この2つはどのような繋がりがあるのか? 「キングダム」は、「秦」という国の若き王「嬴政(えいせい)」と、その友人「信」の活躍を描いた作品。 対して「三国志演義」は、「劉備」「曹操」「諸葛亮孔明」らの英雄が、天下統一を目指して争う、という作品。 一言でいえば、この2つの作品は、舞台は現代の「中国」であるものの、時代が異なるのです。 「キングダム」の時代が先で、「三国志演義」の時代が後。「キングダム」の時代のほうが「400年」ほど先です。. 始皇帝の少年時代である、春秋戦国時代の中国大陸が舞台の歴史マンガです。このマンガから始皇帝に興味を持った!という方も多いのではないでしょうか? 基本的には史実に基づき、始皇帝が中華を統一するまでの話が書かれています。. 始皇帝とは? まず、始皇帝とはいったいどんな人物だったのでしょうか。古代中国で7つの国々が覇権を争った戦国時代、当時秦王だった始皇帝は戦いの末に全土を統一しました。 これが紀元前221年のことです。. キングダム 史実 始皇帝 始皇帝(紀元前259年-紀元前210年)は、中国の初めての皇帝。 秦王(在位紀元前246年-紀元前221年)。 姓は嬴(えい)、氏は趙(ちょう)、諱は政(せい)。 中国では、秦始皇帝、または秦始皇と呼ばれている。 紀元前221年に史上初の中華統一を成し遂げ最初の皇帝となる。 紀元前210.

天下統一とは、具体的にはバラバラだった政治機構の基準を全てある1つの基準に統一してしまうことをいいます。 その中でも最たる例は、度量衡の統一です。 度は長さ、量は体積、衡は質量を指します。 これらの単位は全て各国で異なりました。 ちょっと専門的になるのでわかりやすく現代の単位で言うと、例えばA国では1mは100cmなのに、B国では1mは85cmという感じです。 こういう些細な違いが、中国大陸ではおそらく史書で確認されていないものも含めてごまんとあったのでしょう。 言葉さえ通じない部族がいても何ら珍しいことではないはずです。 こうした誤差があると、ある地域はやたら得をしてある地域ばかり損をするということが発生して混乱します。 勿論始皇帝だって帝王学としてそれくらいの知識はもっていたはずですので皇帝になった瞬間から度量衡の統一を始めたわけではなく、詳しい研究によると秦に近い旧敵国地域からまだ戦争が続いているうちから徐々に秦のやり方に染めていったようです。 秦代の資料としてとても有名な「睡虎地秦簡(すいこちしんかん、竹簡)」は、秦の都があった陝西省から遠く離れた湖北省で発見されました。 これによると、湖北省は元は楚の領域でしたが、天下統一が成された紀元前221年の記録の時点で秦特有の呼び方が既に採用されていることがわかりました。 始皇帝の改革は本当に徹底していたことがよくわかります。 統一すべき行政規格はまだあります。 それはお金です。 当時からお金があったことは当然と言えば当然ですが、始皇帝の時代はまだ紙は普及してないのでお金と言えば硬貨です。 特徴的なのは刀銭と呼ばれる文字通り刀の形をした貨幣です。 この貨幣単位も諸侯によってまるで異なりました。 秦 の 始皇帝 キングダム 中国大陸全土に、日本円・アメリカドル・人民元・ユーロ・ペソ・ウォン・ルピー・・・・のようにまるで異なるレートの貨幣単位が一度に存在していたのです。 当時の商人達は覚えるべき貨幣単位が多く、まあ何と大変だったことでしょうね(汗) 始皇帝はこうした貨幣経済の混乱を未然に防ぐために、秦の規格に統一することを決めました。 そのため、それまで使われていた旧敵国のお金は大半が没収・改鋳されたようです。 ところで、読者の皆さんに勘違いしてほしくないのは、当時から現代と同じような貨幣中心の経済が回っていたわけではないという事です。 当. 以下のリンク記事でも、「キングダム」の「人物」「逸話」などについて簡単に理解できるように、わかりやすく解説させていただいております。 よろしければ、こちらの記事も、ぜひお役立てくださいませ。 リンク記事は別タブで開きます。. 封建制は狭い地域をそれぞれの王が緩やかな統治を行うものでした。 しかし、これは諸侯の独自性が強い反面周王朝に従わない諸侯を周王朝が止めることができない、又は他の諸侯が主君である周王朝を盛り立ててくれるとは限らないという欠点があり、それは現実のものとなりました。 そこで始皇帝が目指したのはそうした反乱を未然に防ぐ中央集権で、地方を治める長官はあくまで皇帝の代理であり何一つ非派遣者の好きにしてはならないという考えでした。 現代の地方の知事や公務員、銀行員を思い浮かべてみてください。 彼らはだいたいの場合国や各組織のトップから定められた任期があり、それが終わると任期満了で別の人間が成り代わりますよね? これはあまりにも在地のスタッフと親しくなりすぎて癒着を行うのを防ぐためです。 秦 の 始皇帝 キングダム いくら長官が中央派遣のエリートでも、その下で実務を行うのはその土地に詳しい在地の人ですよね? いつの時代も賄賂や暗黙の了解で成り立つ政治というのはどこに行ってもありますが、始皇帝は幼少期から人質として暮らしていたという経験からもこうした部分に強く改革の必要性を感じていたのでしょう。 始皇帝は天下統一を果たしてから、中国大陸を36の郡(実際はもっと多かったらしいが。後に48郡となる)に分けてそれぞれに郡太守を置き中央集権の基礎としました。 とはいえ、実際には郡県制に批判する勢力はとても多かったようです。 最たる例が項羽のような秦に滅ぼされた国の一族です。 郡県制はその性急さも相まって秦帝国崩壊の際にいの一番に崩壊しました。 代わって項羽が考えたのが、周王朝以来の諸侯が封建制によって各国を統治する体制でした。 しかし、やっぱりというか項羽に従わない連中が当然現れます。 劉邦もその1人でした。結局、項羽はこうした諸侯の反乱を防ぐことができずに滅んでしまいます。 劉邦は項羽のような分国統治がいつまでも続かないことを見抜いていましたが、いきなり始皇帝のように全国を一斉に郡県制にすることはしませんでした。 都に近い地域は郡県制を採用するものの、その他の地域には旧戦国の諸侯や功臣、一族を置いて王国として統治させる形を取りました。 しかし、この王国も徐々に有名無実化し武帝の時代になるとついには諸侯国は完全に郡県制と実態が変わらなくなり形骸化してしまいます。 これ以後、始皇帝の郡県制は形や名称を幾度となく変え. 秦 の 始皇帝 キングダム いくつか質問があるんだけど、わかりやすく簡潔に教えて! 『キングダム』の舞台と『孔子』の思想の関係は? 秦の始皇帝がたった十数年で亡んだ理由は? 1.孔子は紀元前552年、始皇帝は紀元前259年ですから直接関係はありませ. ここでいよいよ漫画『キングダム』の舞台となる春秋戦国時代が登場です。(こんなに古い時代だったの!と思った方もいるのでは?) 春秋戦国時代は、紀元前770年から紀元前221年まで500年間も続いた戦乱の時代。隣国の日本では縄文時代が終わり、弥生時代が始まったような頃です。 数多くの国が覇権を争っていた春秋戦国時代でしたが、後半に入ると次第に勢力図もはっきりとしてきます。弱小国は強国に併合されていき、最終的に中国は戦国七雄と呼ばれる『秦』『楚』『斉』『燕』『趙』『魏』『韓』の大国に分裂します。 その中で強国として成り上がってきたのが『秦(しん)』という国でした。 漫画『キングダム』は、紀元前221年に中国史上初の中華統一を果たした秦の始皇帝=“政”の時代を、大将軍になることを夢見る主人公・信を中心に描いた作品です。 漫画では民を想いながらも中華統一という強い信念を持った青年として描かれる政ですが、みなさんが思い描く始皇帝のイメージはかなり違うのではないでしょうか。 初めて中華を統一した始皇帝は、郡県制による中央集権の政策を推進するとともに、「万里の長城」や皇帝の宮殿である「阿房宮(あぼうきゅう)」の建設などで民を酷使。最後は不老不死を求めた始皇帝でしたが、紀元前210年に死去。秦の支配に耐えかねた諸国は反乱を起こし、秦はわずか15年で滅びることになります。. 秦の始皇帝は、紀元前210年9月10日に死亡したといわれています。享年は49歳、中華統一後の紀元前220年から行っている天下巡遊、その4回目の巡遊中のことでした。秦の始皇帝の死は秘匿されましたが、それによって起こる臣たちのいざこざにより、秦は滅亡の一途をたどります。秦の始皇帝の死因は、病死となっていますが、今なおさまざまな憶測が飛び交っています。 まずは、完璧主義な性格から激務をこなし続けて過労死したという説。もう1つは水銀、ヒ素中毒です。不老不死を望んでいた始皇帝は、徐福といった方士たちに、仙薬、神薬といったものを探させていたことでも知られています。徐福は、日本でも伝承の残る人物です。当時神薬といわれた丹などの原料は、硫化水銀やヒ素化合物。そのため、呑み続けることにより中毒したのではないか、という説が有力となっています。. 秦の始皇帝と母親(太后)の関係について 漫画のキングダムでは最悪ですけど実際は違ったんでしょうか中華統一した後は母親を苦しめた趙の人間を生き埋めにしたと見かけたのですがそれ以外には関係性?.